スポンサーサイト

2008年09月23日

右手にそれが見えてきます。

道順を説明するのに、基本的なフレーズは、最低限3つあります。

「〜をまっすぐ行ってください」
「〜を右(か左)に曲がってください」
「右(か左)手に〜が見えてきます」

これら3つを覚えておけば、なんとかなると思います。

今日は、三つ目の「右(か左)手に〜が見えてきます」です。


■ 今日のフレーズ -------------------------------------------


あなた: You will see it on your right.

  訳: 右手にそれが見えてきます。

 
---------------------------------------------------------------

発音:[ y u' - w ぁ L - s i' : - i t - ぁ n - y ぁ r - r a' i t ]


アクセントは「 ' 」のところにあります。

それ以外のところは、サラッと発音します。


上記発音の小さい「 ぁ 」 は、あいまいな母音で、
腹話術のように口を動かさず言います。

一人で納得するときの「ぁ (そっか)」の「 ぁ 」です。

「ぁ」は、あくまでもあいまいな音ですので、日本人が好むように
will を [ w ぃ L ] 、 on を [ ぉ n ] 、 your を [ y ぅ r ] と
発音しても構いません。

それらの単語は、この文の中であまり重要ではないので、
アクセントがありません。

ですので、will の発音が [ w ぁ L ] でも [ w ぃ L ] でも
大差はないのです。


ちなみに、 will の L の発音は、前回説明した通り、
舌先を上の歯茎に付けながら、ら行を発音します。

慣れるまでは、意識して舌先を上の歯茎に付けて発音してください。

すると、自然と「うぃぅ」という発音になると思います。

▼「 will 」の発音

http://encarta.msn.com/dictionary_/will.html

このように語尾にくる L は「ぅ」の音に近くなります。

小さな「ぅ」で表記しているのは、
日本語の「う」ほどハッキリ発音しないからです。

日本語の「ウィル」とは異なりますので、ご注意ください。


You will see it の it とは、目的地のことを指しています。

具体的に the station などと相手の目的地を言っても良いです。

また、 will の代わりに can を使っても、ほぼ同じ意味となります。


on your right は「あなたの右側に」という意味です。

「左手にそれが見えてきます。」なら、

「 You will see it on your left. 」になりますね。

前回ご説明したように r と L の発音に注意してください。


「あなたの正面に」なら、in front of you となります。

front の発音は、[ f r あ' n t ] です。

この発音 [ あ ] は、口をあまり開けない「 あ 」で、
日本語より短く発音します。


右側、左側、正面と状況に合わせて、使い分けしてください。


さて、今週は3回に渡り、道案内を簡単に説明してきました。

道案内は、もっと細かく表現できますが、初心者としては、
最低限この三つを覚えておきましょう。

そうすれば、あとからいろいろと肉付けできますので。


今日はここまでです。


忙しい人でも、通勤時やトイレに入ったときなど
空き時間の30秒を持っているものです。

実際に声を出して30秒間言ってみてくださいね。

そのたった30秒が、本番であわてずに対応できる力になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。るんるん(^v^)
人気ブログランキングへ



posted by モリーニョ at 12:00| 英語フレーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。